教育ICT用語

分野別QS世界大学ランキング2016、東大5分野でトップ10入り…京大9位・東京医科歯科6位も

教育・受験 その他

 英国の世界大学評価機関Quacquarelli Symonds(クアクアレリ・シモンズ、以下QS)は、分野別QS世界大学ランキング「QS World University Rankings by Subject 2016」を発表した。42分野のうち、国内では東大はもっとも多く5分野でトップ10入りを果たした。

 分野・専攻ごとに世界の大学をランキングで表すQS世界大学ランキング(QS World University Rankings by Subject)は、76,798名の学者と44,426名の雇用主の専門意見に加え、2,850万件のリサーチの分析と1億1,300万以上の引用をもとに集計。世界49国の総計945大学を対象に調査し、各分野のトップ100大学を表した。QSの分野別ランキングは2011年から公開されており、2016年はこれまでの中でもっとも大規模な調査が実施された。

 分野別QS世界大学ランキング2016では、2015年までの分野に加え新しく「Anthropology(自然人類学、文化人類学など)」「Archaeology(考古学)」「Mining engineering(鉱山学、鉱山工学)」「Nursing(看護学)」「Performing Arts(舞台芸術)」「Social Policy(社会政策)」の6分野がランキング対象になった。

 いずれの分野とも、トップ10は英国または米国の大学が席巻しており、ケンブリッジ大学やオックスフォード大学、スタンフォード大学、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)などが名を連ねる。アジアからは、シンガポール国立大学(NUS)が13分野のトップ10に入った。

 国内大学でもっとも多くトップ10入りを果たしたのは東京大学。ランク入り分野と順位はそれぞれ、「Modern Languages(現代言語)」7位、「Physics&Astronomy(物理学・天文学)」8位、「Chemistry(化学)」8位、「Engineering-Mineral&Mining(鉱物・鉱業)」10位、「Engineering-Civil&Structural(土木構造)」10位。京都大学は「Engineering-Chemical」で9位、「Civil&Structural」で18位、「Engineering-Mineral&Mining」で15位、「Chemistry」で14位。「Biological Sciences(生物科学)」では国内唯一、トップ20にランクインした。東京医科歯科大学は昨年同様、「Dentistry(歯科医学)」で6位を獲得している。そのほか、各分野のトップ20を見ると、東京工業大学が「Engineering-Civil&Structural」で18位にランクインした。

 なお、2015年の分野別QS世界大学ランキングで東京大学は6専攻分野でトップ10以内にランクインしていた。各分野のランキング順位の詳細やランキング算出の手法、各大学情報はQSのWebサイト「QS TOP UNIVERSITIES」で公開中。
《佐藤亜希》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら