教育ICT用語

21世紀の成長企業ランキング、トップ100に日本企業8社

生活・健康 その他

 ディスカヴァー・トゥエンティワンが発表した「21世紀の成長企業ランキング」によると、1位「アップル」、2位「ウェスファーマーズ」、3位「インペリアル・タバコ・グループ」で、上位100社にファーストリテイリングやダイキン工業など日本企業8社がランクインした。

 21世紀の成長企業ランキングは、世界のすべての上場企業を徹底評価し、2000年以降に成長を続ける100社を取り上げたもの。ディスカヴァー・トゥエンティワンが出版した「成長企業の法則 世界トップ100社に見る21世紀型経営のセオリー」(名和高司著)で紹介されている。

 書籍では、成熟国である日本において企業がグローバルに成長を成し遂げるために必要なことを、戦略コンサルタントである名和高司氏が提言。トップ100社に共通する特徴から、低迷期のなか力強く成長を続けるための条件を分析している。

◆21世紀の成長企業ランキング
1位 アップル
2位 ウェスファーマーズ
3位 インペリアル・タバコ・グループ
4位 アンハイザー・ブッシュ・インペブ
5位 ウェスタン・デジタル・コーポレーション
6位 テバ・ファーマシューティカル・インダストリーズ
7位 アクティビダーデス・デ・コンストルクシオン・イ・セルビシオス
8位 ノボノルディクス
9位 カーニバル
10位 SABミラー

【上位100社にランクインした日本企業】
20位 ファーストリテイリング
55位 ダイキン工業
58位 アステラス製薬
88位 コマツ
93位 アサヒグループホールディングス
97位 デンソー
99位 トヨタ自動車
100位 本田技研工業
《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック