11月は「子供・若者育成支援強調月間」内閣府

生活・健康 保護者

 内閣府は毎年11月を「子供・若者育成支援強調月間」と定め、子ども・若者育成支援に関する国民活動の一層の充実や定着を図る事業・活動を集中的に実施している。平成28年度は「子どもの貧困対策の推進」など5つを重点事項に掲げている。

 政府は平成28年2月に「子供・若者育成支援推進大綱」を策定。その中で、子ども・若者の育成支援は家庭を中心に、行政や学校、企業、地域など、社会全体で取り組むべき課題と位置づけ、すべての子どもや若者が健やかに成長し、すべての若者が自立・活躍できる社会の実現を目指している。

 だが、子どもや若者に関して、支援を必要とするニートやひきこもり、不登校など、社会生活を営むうえで困難を有する子ども・若者の問題。少年非行、いじめの問題、児童虐待、児童ポルノなど子どもが被害者となる事件など、社会全体で取り組まなければいけない問題が存在している。

 このような問題の解決のため、11月の「子供・若者育成支援強調月間」に子ども・若者育成支援のための諸事業・諸活動を集中的に実施。国民の子ども・若者育成支援に対する理解を深め、各種活動への積極的な参加を促す。

 平成28年度は、「若者の社会的自立支援の促進」「子どもの貧困対策の推進」「児童虐待の予防と対応」「生活習慣の見直しと家庭への支援」「子どもを犯罪や有害環境等から守るための取組みの推進」の5つを重点項目に掲げ、ポスターやインターネットなどによる広報啓発活動やシンポジウム、講演会など行事の開催、子ども・若者育成支援に貢献し功績のあった個人や団体に対する表彰や、絵画などのコンクール入賞者に対し表彰や作品展示などを行う。

 関連事業として内閣府と警察庁は11月22日、「児童ポルノ排除対策公開シンポジウム」を開催する。参加費は無料。WebサイトもしくはFAXで参加申込みを受け付けている。締切りは11月18日だが、先着順で定員に達した場合は申込みを締め切る。

 内閣府は、関係機関における「子供・若者育成支援強調月間」中の取組み状況について調査し、その結果を公表する。

◆平成28年度「子供・若者育成支援強調月間」
期間:平成28年11月1日(火)~11月30日(水)

◆第7回「児童ポルノ排除対策公開シンポジウム」
日時:平成28年11月22日(火)15:30~18:00
場所:都市センターホテル5階「オリオン」(東京都千代田平河町2-4-1)
参加費:無料
申込み方法:WebサイトもしくはFAXにて受付
締切り:平成28年11月18日(金) ※先着順のため、定員に達した場合は締め切る
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)