グローバル教育に力を入れている中高一貫校、女子校が上位

教育・受験 小学生

キャンパスナビネットワーク
  • キャンパスナビネットワーク
  • グローバル教育に力を入れている中高一貫校ランキング
 大学通信が運営する携帯サイト「教育進学総合研究所」は12月1日、グローバル教育に力を入れている中高一貫校ランキングを発表した。首都圏の学習塾の塾長・教室長が選ぶ中高一貫校は、「三田国際学園」が1位。トップ10のうち4校を女子校が占めた。

 グローバル教育に力を入れている中高一貫校ランキングは、首都圏の学習塾の塾長・教室長を対象におすすめの中高一貫校を調査。各項目について5校を選び、1位の学校を5ポイント、2位の学校を4ポイント、3位の学校を3ポイント、4位の学校を2ポイント、5位の学校を1ポイントとして集計し、ランキング化した。

 グローバル教育に力を入れている中高一貫校は、1位「三田国際学園」、2位「八雲学園」、3位「佼成学園女子」、4位「文京学院大女子」、5位「目白研心」。三田国際学園の前身は、戸板中学校・戸板女子高等学校という女子校で、2015年に改称し共学化した。2位~4位に女子校が続き、9位に「文化学園大杉並」がランクインするなど、トップ10のうち4校を女子校が占めた。一方、男子校はトップ10に入らず、最高位は12位の聖学院だった。

 ランキングは、今週の無料記事として大学通信が運営する「キャンパスナビネットワーク」に掲載されている。携帯サイト「教育進学総合研究所」に会員登録(月額324円)すれば、すべての記事を閲覧できる。

◆グローバル教育に力を入れている中高一貫校ランキング
1位「三田国際学園」
2位「八雲学園」
3位「佼成学園女子」
4位「文京学院大女子」
5位「目白研心」
6位「郁文館」
7位「工学院大付属」
8位「広尾学園」
9位「文化学園大杉並」
10位「昌平」
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)