CA Tech Kids、小学生向けプログラミング教室を全国8地域で12月開催

教育ICT 小学生

Tech Kids CAMP Christmas
  • Tech Kids CAMP Christmas
  • Tech Kids CAMP Christmas 2016
  • 開催概要
  • 開催コースと会場、日程
 CA Tech Kidsは、小学生を対象としたプログラミング入門ワークショップ「Tech Kids CAMP Christmas 2016」を東京と横浜、愛知、大阪、京都、神戸、福岡、沖縄の8地域で12月に開催する。短期間で本格的に学べるよう、一部のコースでリニューアルした。

 2020年から小学校でのプログラミング教育の必修化が決定し、プログラミング教育に対する社会的な関心が高まっているという。小学生向けプログラミング教育事業を行うCA Tech Kids は、2013年の設立以来、プログラミングワークショップや小学校への出張授業を通し、これまで約1万8,000名以上の小学生にプログラミング学習の機会を提供してきた。

 小学生のためのプログラミング入門ワークショップ「Tech Kids CAMP」では、プログラミングやデジタルのものづくりに興味を持ってもらおうと、2時間の体験会から7日間にわたるワークショップまで幅広く開催。2013年8月の初開催以来、これまで全国18都府県で開催し、のべ1万6,000名が参加した。

 今回の「Tech Kids CAMP Christmas 2016」は、これまでの自学形式に加え、認定講師がわかりやすく解説しながら授業を進める「授業形式」を一部導入。また、小学校などで実施しているプログラミング授業のカリキュラムをもとに、「繰り返し」「条件分岐」「座標」「乱数」などの知識を学ぶ。

 コースは、学習用プログラミングソフト「Scratch(スクラッチ)」を用いる「Scratchゲーム開発コース」、人気ゲーム「Minecraft(マインクラフト)」を用いてプログラミングを学習する「マイクラプログラミングコース」、本格的なiPhoneアプリを開発する「iPhoneアプリ開発コース」、HTML・CSS・JavaScriptなどのプログラミング言語を用いてアプリを開発する「Webアプリ開発コース」がある。マイクラプログラミングコースは、小学1・2年生が参加できる「Juniorコース」、小学3年生以上が参加できる「Beginnerコース」、本格的なプログラミングを楽しめる「Advanceコース」の3つの中から、年齢や経験レベルに合わせて選べる。

 価格は、「Scratchゲーム開発コース」が1万8,000円(税別)、「マイクラプログラミングコース」「iPhoneアプリ開発コース」「Webアプリ開発コース」が2万6,000円(税別)。PCレンタルは2,000円となっている。開催場所と日程は、Tech Kids CAMP Christmas 2016のWebサイトを参照のこと。

◆Tech Kids CAMP Christmas 2016
期間:2016年12月3日(土)~28日(水)
開催場所:東京・横浜、愛知、大阪、京都、神戸、福岡、沖縄
対象:小学1~2年生、3~6年生
参加費:「Scratchゲーム開発コース」が1万8,000円(税別)、「マイクラプログラミングコース」「iPhoneアプリ開発コース」「Webアプリ開発コース」が2万6,000円(税別)。PCレンタルは2,000円。
申込方法:Webサイトより申し込む
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)