女性研究者と語り合おう、筑波大「リケジョサイエンスカフェ」2/18

教育イベント 高校生

 筑波大学は2017年2月18日、女子中高生らを対象に「春季リケジョサイエンスカフェ」を開催する。研究機関の見学や体験、女性研究者と語るラウンドテーブルカフェやランチ懇談会などを通して、理系の魅力や将来像に触れることができる。参加無料。事前申込制。

 リケジョサイエンスカフェは、理系に興味・関心がある女子中高生や保護者が、リケジョの仲間や先輩と触れ合うことで理系の魅力を発見し、進路の不安や心配を解消することを目指したプログラム。科学技術振興機構(JST)による、平成28年度女子中高生の理系進路選択支援プログラムの一環として行われる。

 対象は、女子中高生、保護者、教員。最初に共通プログラムとして、産業技術総合研究所を訪れ、地質標本館の見学ツアーや地質に関する体験プログラムに参加。女子研究者とのランチ懇談会も予定されている。

 筑波大学グローバル教育院エンパワーメント情報学プログラムにおいては、世界最大のVRシステム「Large Space」を体験。女性研究者が研究内容やキャリア形成のプロセス、家庭との両立方法などを講演する「ロールモデル紹介」もある。

 女子中高生向けのプログラムでは、女性研究者9人を迎えて「ラウンドテーブルカフェ」を開催。宇宙航空研究開発機構(JAXA)や研究所、メーカーなどで働く女性研究者から、研究の面白さ、理系の魅力、ライフスタイル、将来像などについて、直接聞くことができる。

 保護者・教員セミナーでは、女性研究者を取り巻く現状、女子の理系進路選択の意義などをわかりやすく解説。理系の大学教員から、生徒が理科好きになるポイントについて講演もある。筑波大学の現役女性教員や産業技術総合研究所の女性職員を囲んだカフェ形式の座談会もあり、質問や情報交換などができる。

 参加無料。定員90人。参加希望者は、Webの申込フォームまたはFAXで事前に申し込む。締切りは、2017年1月27日。応募者多数の場合は抽選。ただし、保護者・教員セミナーは当日参加も可能。ランチ懇談会があるため、参加者は各自で弁当を持参する。

◆春季リケジョサイエンスカフェ
日時:2017年2月18日(土)10:00~16:35
メーン会場:筑波大学 筑波キャンパス 春日エリア 7A 205講義室
対象:女子中高生、保護者、教員
定員:90名
参加費:無料
持ち物:弁当
申込方法:Webサイトの申込フォームまたはFAX
締切り:2017年1月27日(金)
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)