アクティブラーニング対応、エルモ社「Huddle Space」3機種

教育ICT 大学生

Huddle Space(写真はG3)
  • Huddle Space(写真はG3)
  • Huddle Space 製品ラインナップ
  • Huddle Space インターフェイス部
  • Huddle Space 各機種のおもな仕様
 エルモ社は12月21日、会議や大学、教育・研修機関でのアクティブラーニングや協働学習に対応するミーティングツール「Huddle Space(ハドルスペース)」3機種を発売した。SDカードへの録画・録音や、最大8台までのマルチデバイス接続に対応する。価格は5万7,000~9万7,000円(税別)。

 「Huddle」とは、アメリカンフットボールで次のプレーを決めるフィールド内での作戦会議など、「機動的な打ち合わせ」を意味する言葉だという。エルモ社によれば、今日では企業において「ハドルミーティング」と呼ばれる小規模ミーティングが注目を集めており、海外大学では「Huddle room」と呼ばれる小規模ミーティングルームが設置されている例も見られる。

 そこで、エルモ社は小規模ミーティング時に利用できるミーティングツール「Huddle Space」を開発。「G1」「G2」「G3」の3機種とも、ミーティングに利用するデジタル機器を最大8台まで接続可能。発表者がディスプレイに提示したコンテンツや音声は、SDカードに録画・録音する機能を標準装備している。最上位機種のG3は、HD BaseTを利用したアクティブラーニング教室の構築にも対応できる。

 価格は5万7,000~9万7,000円(税別)。詳細な仕様やオプションについては、エルモ社Webサイトで確認できる。

◆Huddle Space
機種:G1/G2/G3
価格:5万7,000~9万7,000円(税別)
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)