新しい学びの場「T-KIDSシェアスクール」千葉県柏市に開設

教育・受験 小学生

T-KIDSシェアスクール
  • T-KIDSシェアスクール
  • ジャンル
  • イベント・クラス
 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)とMistletoeは2月24日、子どものための新しい教育プラットフォーム事業を具現化するため、T-KIDSを設立したと発表した。3月2日には千葉県柏市に「T-KIDSシェアスクール」を開設する。

 CCCは創業以来、映画や音楽、本などカルチャーを通じ、常にライフスタイルに新しい提案をしてきたという。Mistletoeは、これまでの常識や通説にとらわれず、イノベーションを起こすようなスタートアップの支援やプロジェクト活動を行ってきた。両社は、かねてより協議を重ねてきた「子どものための新しい教育プラットフォーム事業」を具現化するため、T-KIDSを設立した。

 T-KIDSの最初の事業として、3月2日に千葉県柏市にオープンする柏の葉T-SITEで「T-KIDSシェアスクール」を開設。従来型の「教育のカタチ」を超えた、21世紀型の新しい学びの場を提供するという。20を超えるスクールや先生が集合し、テクノロジー、探究・理数、英語・外国語、文化・芸術、フィジカル、Baby&Toddler(乳児&母親、幼児のクラス)といった多彩なジャンルのクラスを展開予定。

 クラスは、週1回、月1回など定期的に通う「継続クラス」、1回単位で気軽に通える「イベントクラス」の2種類。T-KIDSシェアスクールのWebサイトには、新小学1年生~中学3年生を対象とした「IT×ものづくり教室」や、5歳~12歳と保護者を対象とした「親子で開く、tanQのトビラ!ファミラボ!」など多数のイベントが掲載されている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)