ベネッセコーポレーションに関するニュースまとめ一覧

ICT機器の活用授業「ネットを活用して調べる」小学校高学年で8割以上 画像
教育ICT

ICT機器の活用授業「ネットを活用して調べる」小学校高学年で8割以上

 ベネッセホールディングスの社内シンクタンクであるベネッセ教育総合研究所は3月22日、「第6回学習指導基本調査」の結果を公表した。同調査は、1997年に第1回調査がスタート。小学校・中学校・高校における学習指導の実態と教員の意識について、実態と変化を調べる内容だ。

中学生からのタイムマネジメント力が未来を拓く 画像
教育・受験

中学生からのタイムマネジメント力が未来を拓くPR

 効率的に時間を使えるようになる「タイムマネジメント力」を早いうちから身につけておけば、やがて社会に出ても、活躍の場を自ら開拓できる人材になれるのではないだろうか。「勉強時間と学習の定着・集中力に関する実証実験」の結果が発表された。

小学校の卒業式謝恩会、開催校は46%で減少傾向…準備が大変 画像
生活・健康

小学校の卒業式謝恩会、開催校は46%で減少傾向…準備が大変

 卒業式のあとに謝恩会を開いている小学校は46%と、半数以下であることが3月16日、ベネッセ教育情報サイトの調査結果からわかった。準備の大変さなどから、謝恩会を開催する小学校は減りつつある一方、参加者の満足度は高い傾向にもあるという。

【中学受験2018】私立中高一貫校約180校が参加、合同相談会・講演会5/28 画像
教育・受験

【中学受験2018】私立中高一貫校約180校が参加、合同相談会・講演会5/28

 全国の私立中高一貫校約180校の情報が集まる「私立中高一貫校合同相談会・講演会」が5月28日、東京国際フォーラムで開催される。中学受験講演会の実施のほか、無料相談コーナーや学校相談・学校パンフレット配布コーナーを開設予定。

長時間学習より短時間集中の「積上げ型学習」が有効、ベネッセ調査 画像
教育・受験

長時間学習より短時間集中の「積上げ型学習」が有効、ベネッセ調査

 長時間学習よりも短時間で集中して行う「積上げ型学習」の方が、学習の定着・集中力に対して効果があることが、ベネッセコーポレーションの実証実験結果より明らかになった。こまめな休憩は、集中力維持に貢献するという。

小学校の卒業式に人気のファッション、中学の制服や袴は? 画像
教育・受験

小学校の卒業式に人気のファッション、中学の制服や袴は?

 卒業シーズンを前にベネッセ教育情報サイトは3月6日、「小学生の卒業式ファッション」について調査結果を公表した。ブレザーやジャケットなど定番ファッションを支持する人が多く、女子は「ブレザー&スカート」、男子は「スーツ」がもっとも人気があった。

【中学受験2017】ベネッセ教育情報サイト「首都圏入試の傾向と分析」 画像
教育・受験

【中学受験2017】ベネッセ教育情報サイト「首都圏入試の傾向と分析」

 ベネッセ教育情報サイトは3月6日、「速報!2017年 首都圏中学入試の傾向と分析」をWebサイトに掲載した。森上教育研究所主催のセミナー「平成29年首都圏中学入試の結果と分析」での発表をもとにしたもので、受験生の動向と2017年入試トピックに分けてまとめている。

ハーバード大生と交流、海外トップ大進学塾が参加高校生募集 画像
教育イベント

ハーバード大生と交流、海外トップ大進学塾が参加高校生募集

 ベネッセコーポレーションが運営する海外トップ大進学希望者向けの進学塾「RouteH(ルートエイチ)」は、ハーバード大生らと日本の高校生との交流会を3月15日・16日に開催する。参加申込は3月14日まで、電話で受け付けている。

「子どものやる気」が大切…ベネッセに聞く変わる英語教育と対策 画像
教育・受験

「子どものやる気」が大切…ベネッセに聞く変わる英語教育と対策PR

 学校における英語教育の変化や、保護者ができるその対策について、ベネッセコーポレーションで「こども英語教室」を担当する、こども英語教室事業部 部長 高橋勝氏と英語戦略推進部 商品企画課 セクションリーダー 真下京子氏に話を聞いた。

【大学受験2017】国公立大、2次試験出願状況・倍率…河合塾・駿台ほか速報まとめ 画像
教育・受験

【大学受験2017】国公立大、2次試験出願状況・倍率…河合塾・駿台ほか速報まとめ

 センター試験も終わり、国公立大学の2次試験の出願がいよいよ1月23日から始まった。気になる出願状況については例年、予備校などで出願状況を速報するWebサイトを開設している。

【センター試験2017】志望校判定システム「Compass」マナビジョンが公開 画像
教育・受験

【センター試験2017】志望校判定システム「Compass」マナビジョンが公開

 ベネッセコーポレーションが運営する高校生の進路・進学を応援するサイト「マナビジョン」は、志望校判定システム「Compass」を公開した。センター試験の自己採点結果を入力すると合格判定ができる。利用料は無料だが、パソコンへのダウンロードが必要。

【センター試験2017】2次出願をシミュレーション、駿台「インターネット選太君」提供開始 画像
教育・受験

【センター試験2017】2次出願をシミュレーション、駿台「インターネット選太君」提供開始

 駿台予備学校とベネッセコーポレーションは1月18日、2次出願シミュレーションシステム「インターネット選太君」の提供を開始した。大学入試センター試験の自己採点から、志望校の合否判定を行うことができる。駿台I-SUM Clubに登録すると、無料で利用が可能。2月1日まで。

【センター試験2017】ベネッセ・駿台「合格可能性判定基準」公開、得点調整なしか 画像
教育・受験

【センター試験2017】ベネッセ・駿台「合格可能性判定基準」公開、得点調整なしか

 データネット2017は1月18日、各大学の合格可能性判定基準を公開した。東京大学理科三類の合格可能性80%の得点は855点、得点率は95.0%。また、46万人によるセンター試験自己採点の最終集計より、得点調整実施の可能性は低いと予想される。

【センター試験2017】ベネッセ・駿台、講評要約と模試類似出題を公開 画像
教育・受験

【センター試験2017】ベネッセ・駿台、講評要約と模試類似出題を公開

 ベネッセ・駿台データネットは1月16日、「問題講評の要約」と「模試と同傾向の出題」を公開した。2017年度大学入試センター試験について、教科・科目別の出題特徴や難易度、模試と類似した出題内容などをまとめ、情報提供している。

子どもが混同しやすい都道府県ランキング、1位は? 画像
教育・受験

子どもが混同しやすい都道府県ランキング、1位は?

 子どもがもっとも混同しやすい都道府県は、「鳥取」と「島根」であることが1月16日、ベネッセ教育情報サイトによる調査結果から明らかになった。2位は「滋賀」と「佐賀」、3位は「愛知」と「愛媛」と、同じ漢字を使った都道府県名が特に混同しやすいようだ。

【大学受験2017】センター試験から個別試験出願まで、ベネッセ・駿台が解説 画像
教育・受験

【大学受験2017】センター試験から個別試験出願まで、ベネッセ・駿台が解説

 ベネッセ・駿台は1月16日、大学入試センター試験自己採点集計「データネット2017」の「受験バイブル」で、個別出願に向けてのポイントを公開した。センター試験の自己採点後から個別出願まで、分析や出願校を決定する方法をアドバイスしている。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 40
  11. 最後
Page 1 of 40
page top