リセマム6周年

パナソニック、3人同時に指の書き込みが可能なタッチパネル黒板

教育ICT パソコン

タッチパネル搭載の「エリートパナボード」
  • タッチパネル搭載の「エリートパナボード」
  • 製品カタログから
  • 製品カタログから
  • 製品カタログから
 パナソニックシステムネットワークスは6月18日、教育向け電子黒板として「エリートパナボード」を発表。7月上旬から発売を開始する。83型、77型の2種類で、想定価格は83型が333,900円、77型が312,900円。

 同製品は、ボード前面に新開発のタッチパネルを採用。指または電子ペンでボードにタッチしての直感的な操作を可能にし、同時に最大3人まで指での入力が行なえる。ボード綿には硬質の素材を採用することで、堅牢性にも配慮した。

 付属の電子ペンは、7色(マーカー4色/ハイライトマーカー3色)を備え、ペン後部のダイヤル式スイッチでマーカー機能とイレーサー機能を切り替え可能。スムーズな切り替えが行なえることにより、操作に気を取られることなく授業に集中することが可能だとしている。また、本体にはステレオスピーカーを標準装備し、例えばデジタル教材などを使用した外国語学習などでも、別途スピーカーを用意することが不要だとしている。

 インターフェースにはUSB2.0×2を備え、外部機器との接続を容易にした。スピーカーは2W×2、電子ペンは2.4GHz帯の単信方式の無線通信を用いる。対応するPCのOSは、Windows 7/Vista/XP。重さは83型が39kg、77型が36kg。

《小口》

※ この記事は、RBB TODAYにて6月18日に配信された記事を転載したものです。
《RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)