リセマム6周年

メルセデスベンツ S63 AMG に新エンジン…ダウンサイズで性能向上

生活・健康 交通・クルマ

メルセデスベンツ 新エンジンを搭載したS63AMG
  • メルセデスベンツ 新エンジンを搭載したS63AMG
  • メルセデスベンツ S63AMGに搭載される新エンジン
メルセデス・ベンツ日本は、ハイパフォーマンスセダン『S63 AMGロング』に新開発エンジンを搭載し、11月10日から販売開始した。排気量を従来の6.3リットルから5.5リットルへダウンサイジングしながら、従来モデルに比べ大幅な性能アップと燃費向上を両立している。

精密な燃料噴射を制御するピエゾインジェクターを用いたスプレーガイデッド・ガソリン直噴式燃料噴射システムの採用や、1ミリ秒以内に点火スパークを最大4回発生するマルチスパーク・イグニッション、ツインターボチャージャーなど、最先端技術を採用した。

最高出力は従来よりも19psアップの544ps、最大トルクは170Nmアップの800Nmを実現する。ECOスタートストップ機能(アイドリングストップ機能)や、従来のトルクコンバーターに代え湿式多板クラッチを用いたトランスミッション「AMGスピードシフトMCT」(電子制御式7速トランスミッション)を搭載することで、燃費は従来モデルに比べ5割以上改善した。

さらに、S63 AMGロング専用オプションとして、内外装の個性を一段と強調し、パフォーマンス向上を図る「AMGパフォーマンスパッケージ」も設定する。

S63 AMGロングの価格は2292万円。
《編集部@レスポンス》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)