リセマム6周年

高校生による有効な利用アイデアを募集中「ケータイ甲子園2010」

教育ICT モバイル

第1回全国高校生ケータイ利用コンクールケータイ甲子園2010
  • 第1回全国高校生ケータイ利用コンクールケータイ甲子園2010
 ケータイ甲子園実行委員会は、高校生による携帯電話利用の優れた取組み活動を表彰する全国イベント、第1回全国高校生ケータイ利用コンクール「ケータイ甲子園2010」を開催する。

 同イベントを提唱したハイパーネットワーク社会研究所は、1993年に設立された財団法人で、大分県で地域情報化の推進を中心に活動してきた。内閣府、総務省、文部科学省などの賛同を得て、全国イベントとして「ケータイ甲子園2010」を実施することになった。

 高校生のケータイのポジティブな使い方や問題点について理解を深めることを目的とし、全国の高校生に積極的な応募を呼びかけているという。

 コミュニケーション部門では、学校全体で行った携帯のルール作り、携帯サイトを使って文化祭をもりあげたなど、「安心・マナー&ルール・コミュニケーション」をテーマに、学校行事や地域の活動などに役立つ取り組みやアイデアを募集する。

 アート&サイエンス部門は、携帯の機能を活かしたアプリケーションソフト、パソコンとの連携による新しい利用法など、「ビジュアル・ソフトウェア・サイエンス」をキーワードにした作品を募っている。

 2011年1月中旬の予選の後、3月に全国大会が開催される予定。グランプリには、韓国旅行またはiPadが贈られる。

◆ケータイ甲子園2010
参加資格:日本の高校生および高等専門学校3年生まで
対象となる活動:コミュニケーション部門/アート&サイエンス部門
エントリー期間:11月1日(月)〜11月30日(火)
応募期間:11月15日(月)〜12月17日(金)
共催:安心ネットづくり促進協議会 大分合同新聞
問合せ先:ケータイ甲子園実行委員会事務局
 大分県大分市東春日町51-6大分第2ソフィアプラザビル4F 財団法人ハイパーネットワーク社会研究所内
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)