リセマム6周年

来年の就活に有利なスキル100、一挙発表

生活・健康 その他

来年の就職活動に有利だと思うスキル、ベスト100
  • 来年の就職活動に有利だと思うスキル、ベスト100
  • 来年の就職活動に有利だと思うスキル21位以下
 ブラザーズは11月30日、首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)で就職活動中の成人の男女1,000人を対象に、インターネット上で行った調査「就職活動に有利だと思うスキル」のベスト100を発表した。調査期間は9月15日〜11月12日。

 就職活動中に「身に付けておけば良かったかな?」と感じたスキルの上位5つを記入し、1位3ポイント、2位2ポイント、3位1ポイント、4位0.5ポイント、5位0.1ポイントとして算出している。

 来年の就職活動に有利だと思うスキルについて質問したところ、1位は「ビジネス英語(321.3ポイント)」、続いて「マイクロソフトオフィススペシャリスト(309.1ポイント)」、3位は「簿記(298.4ポイント)」となった。以下についても「秘書検定」や「ビジネス実務法務検定」「ファイナンシャルプラニング技能検定」など、人気企業への就職にはパソコンや個人スキルの証明となる資格は必須と感じているようだ。

 また、海外事業を展開する企業にとっては、TOEICなど英語や中国語など外国語のスキル取得も求められていることがうかがえる。

 注目するスキルとしては、7位「食学検定」、10位「栄養学」、14位「フードアナリスト」といった食に関するものが挙げられていることだ。

 また、メンタルヘルスケア、健康食品コーディネーター、心理カウンセリング、リフレソロジーなど、心身の健康に役立つ知識も就職に有利になると実感していることがわかる。

【関連アンケート】就職にもっとも必要なのは何だと思いますか?
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)