リセマム6周年

子どもを守る「i-フィルター」が第三者機関の検証でフィルタリング精度1位に

デジタル生活 インターネット

12製品のブロック率
  • 12製品のブロック率
  • カテゴリ別ブロック率
 デジタルアーツは1月19日、同社のWebフィルタリングソフト「i-FILTER」「i-フィルター」が、第三者機関の検証により同種の12製品中もっとも精度が高いことが実証されたと発表した。

 調査は昨年12月、システム検証の専門企業であるベリサーブによって行われた。アダルトサイトやワンクリック詐欺サイト、動画配信サイトなど13のカテゴリについて、無作為に抽出した1,950件のURLを正しくブロックするかどうかを検証した。

 その結果同社の製品は、平均正ブロック率が95.4%、誤ブロック率が1.5%と、今回調査対象となった12製品中でもっとも好結果となったという。平均正ブロック率は2位の製品に30ポイント以上を差をつけ、誤ブロック率は前年の調査から半減させるなど、技術開発の成果や製品の優位性が結果に反映されたと、同社では分析している。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)