リセマム6周年

au、GREE・mixi・モバゲーで「年齢確認サービス」

デジタル生活 モバイル

「年齢確認サービス」イメージ 「年齢確認サービス」イメージ
  • 「年齢確認サービス」イメージ 「年齢確認サービス」イメージ
  • 「au one GREE」トップ画面 「au one GREE」トップ画面
 KDDIと沖縄セルラーは19日、携帯電話の契約者情報を活用することでコンテンツを利用するユーザの年齢を認証する「年齢確認サービス」の提供を発表した。1月下旬以降、対応コンテンツ向けに提供するもので、国内携帯電話事業者では初となる。

 「年齢確認サービス」は、au携帯電話の利用者の「年齢情報」を、各コンテンツ提供会社に通知するサービス。通知されるデータは、「au携帯電話契約時に申し込んだ生年月日もしくは利用者登録時に登録した利用者の生年月日をもとに、コンテンツ提供会社が指定した年齢以上であるか未満であるかを判定した情報」となり、具体的な生年月日、満年齢は通知されない。

 年齢確認が必要なコンテンツを利用する際に、パスワードの入力によるユーザの同意のうえで、年齢情報を、KDDIまたは沖縄セルラーから対応コンテンツ提供会社に通知する。コンテンツ提供会社側は年齢情報を活用することで、機能制限の効果を高めることができる見込みだ。

 なおKDDIがグリーと共同で運営する「au one GREE」では、1月下旬より同サービスに対応することが決定している。「au one GREE」では、サイトパトロール体制の拡充、年齢別の機能制限の設定、サイト内外での啓発活動など順次対策を強化しているが、「年齢確認サービス」の導入で、より安心・安全にサービスを利用できる。以降、mixiが2月に、モバゲータウンが3月以降に対応する予定。対応サイトは順次追加される。

KDDI、ケータイ利用者の年齢認証を行う「年齢確認サービス」提供……GREE、mixi、モバゲーが順次対応

《冨岡晶@RBBTODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)