リセマム6周年

面接では「スキル」より「熱意」重視……DODAが中途採用実態調査

リサーチ 教育

面接では「スキル」より「熱意」重視……DODAが中途採用実態調査 書類選考時、面接時の選考での重視点
  • 面接では「スキル」より「熱意」重視……DODAが中途採用実態調査 書類選考時、面接時の選考での重視点
  • 面接では「スキル」より「熱意」重視……DODAが中途採用実態調査 中途採用の募集が多い時期
 転職サービスのDODAが採用担当者2760人を対象に中途採用実態調査を実施した。中途採用の選考の際、「経験・スキル」以外に「熱意」も重視されていることなどがわかった。

 まず、中途採用の募集が多い月を聞いたところ、「3月」が31.4%で最多、次いで「4月」(31.1%)、「9月」(23.8%)、「10月」(21.7%)となり、3~4月に約3割、9~10月に約2割の企業が募集を活発に行っていることがわかった。期末で退職というケースが多いらしく、人員を確保する企業が多いことのようだ。

 続いて、中途採用の書類選考、面接それぞれにおいて、合否を判断する上で重要視する点を聞く(複数回答)と、両者ともに「職務経験」が最多に(書類選考66.0%、面接52.1%)。次いで、書類選考では「スキル」(39.9%)、「熱意・ポテンシャル」(34.6%)、面接では「熱意・ポテンシャル」(41.8%)、「スキル」(30.0%)の順となり、とくに面接時では「熱意」が「スキル」よりも高い結果となった。

 求人への応募には、自身のキャリアの振り返りや職務経歴書作成といった事前準備が必要なため、3~4月の時期に応募するためには、1~2月頃から転職活動を開始するとスムーズと、DODAではまとめている。
《関口賢@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)