リセマム6周年

【中学受験】2011年合格数…日能研、SAPIX、早稲アカ、四谷を比較

教育・受験 受験

2011年度 学校別・塾別合格数(2月16日正午現在)
  • 2011年度 学校別・塾別合格数(2月16日正午現在)
 2011年中学入試の塾別合格者数は、わずかな動きはあるものの、ほぼ確定し、発表が待たれていた四谷大塚が2月15日時点の集計値を公表し、首都圏難関校に強いといわれる日能研、サピックス小学部(SAPIX)、早稲田アカデミー、四谷大塚の速報値が出そろった。

 表では、、【中学受験の塾選び-2】首都圏人気塾の合格力で紹介した難関校のみを取り上げている。セルに色がついているのが学校別の最多合格数、太字が昨年の合格実績より数を伸ばした塾となる。なお()内は昨年の合格実績(確定値)となっている。

 SAPIXは昨年同様、多くの学校で最多合格数を出している。武蔵とフェリス女学院は日能研、早稲田実業は早稲田アカデミーが最多となっているのも昨年同様だ。

 今年特に目を引くのが、SAPIXが開成、麻布、栄光学園、筑波大附属駒場で飛躍的に合格者を増やしたこと。早稲田アカデミーは早大系で強さを見せるが、慶應普通部と慶應中等部でもSAPIXに次ぎ、数を伸ばした。

 塾により会員数など条件の違いがあるため、単純に数のみで合格力の比較はできないが、一つの参考にしていただきたい。表の数値は、2011年2月16日正午現在のホームページの最新情報(日能研は2月16日10時、SAPIXは2月15日9時、早稲田アカデミーは2月15日18時、四谷大塚は2月15日の集計値)にもとづき掲載した。数値は今後も変動する可能性がある。なお、在籍者数についてSAPIXは4,599名、早稲田アカデミーは約3,850名と発表している。
《田村麻里子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)