リセマム6周年

東大教養学部「高校生のための金曜特別講座」4/13開講

教育・受験 その他

高校生のための金曜特別講座
  • 高校生のための金曜特別講座
  • 高校生のための金曜特別講座
 東京大学教養学部では、高校生を対象とした公開講座「高校生のための金曜特別講座」の2011年度夏学期を4月15日に開講する。

 同講座は高校の週5日制実施にともない、近隣の高校の要望を受けて2002年4月からスタートした「高校生のための土曜特別講座」が始まり。2004年4月からは、金曜日の夜に開講する「高校生のための金曜特別講座」として実施している。高校生の勉学意欲を高めることを目的に、教養学部教員が学問研究の面白さや重要さをわかりやすく解説していくという。

 今学期は9月末までに全13回の講義を予定しており、いずれも東京・目黒区駒場の教養学部(駒場Iキャンパス)18号館ホールで開催予定。事前申し込みは不要で、定員約200名を当日先着順に受け付ける。なお高校生以外の一般参加も可能となっている。

◆2011年度夏学期「高校生のための金曜特別講座」講義予定
日時:金曜日17:30〜19:00
場所:東京大学教養学部 18 号館ホール(予定)
主催:東京大学教養学部
共催:東京大学生産技術研究所

[第1回] 4月15日
 「桜の春ができるまで」
 佐藤俊樹(東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻)
[第2回] 4月22日
 「食の安全に関わる感染症:BSE及び口蹄疫、トリインフルエンザについて」
 小野寺節(東京大学農学部名誉教授)
[第3回] 5月6日
 「筋ジストロフィーを治す」
 松田良一(東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻生命)
[第4回] 5月13日
 「映画の時間と空間をどう組織するか」
 松浦寿輝(東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻)
[第5回] 6月3日
 「古くて新しいガラスの科学と技術―メソポタミア文明からブループラネットの未来まで―」
 高田章(東京大学生産技術研究所高次協調モデリング客員部門)
[第6回] 6月10日
 「音楽を理解するコンピュータ」
 嵯峨山茂樹(東京大学大学院情報理工学系研究科システム情報)
[第7回] 6月17日
 「シリコンニューロン〜電子回路で作る人工神経細胞〜」
 河野崇(東京大学生産技術研究所マイクロメカトロニクス)
[第8回] 6月24日
 「笑って考える少子高齢社会」
 瀬地山角(東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻)
[第9回] 7月1日
 「夏目漱石『坊ちゃん』を読む」
 菅原克也(東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻)
[第10回] 7月8日
 「小石川植物園で発展した日本の植物学」
 邑田仁(東京大学大学院理学系研究科附属植物園)
[第11回] 9月9日
 「ことばと心・脳」
 伊藤たかね(東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻)
[第12回] 9月16日
 「東シナ海を渡る―遣唐使の航海―」
 安達裕之(東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻広域)
[第13回] 9月30日
 「電子。それは物質科学の主役です」
 増田茂(東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻相関)
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)