リセマム6周年

入学式や授業開始に震災の影響〈首都圏編〉

教育・受験 その他

東京大学
  • 東京大学
  • 一橋大学
  • 明治大学
  • 法政大学
 3月22日付の記事で、東北地方太平洋沖地震の影響により、首都圏においても早稲田大学や慶應大学などをはじめ、入学式を中止または延期する動きが出ていると紹介したが、その後も同様の決定をする大学が相次いでいる。

 東京大学では、4月12日に日本武道館で予定していた学部入学式・大学院入学式を取りやめると3月25日付で発表。会場を本郷キャンパス内の小柴ホールに変更し、新入生は代表のみが出席する小規模の開催となる。式典の模様はインターネットライブ中継を行う予定。

 一橋大学では、4月2日に予定していた入学式を17日に延期すると3月23日付で発表。それにともない夏学期の授業開始日も18日に遅らせるとしている。

 横浜国立大学は、4月7日に横浜文化体育館で予定していた入学式を中止すると3月24日付で発表。新入学の学部生を対象とした「全学統一ガイダンス」を4月7日に開催するとしている。

 そのほか首都圏の国立大では、千葉大学、埼玉大学、東京工業大学、東京藝術大学、東京農工大学が現在までに入学式の中止を発表している。

 私立大では、明治大学が4月7日に日本武道館で予定していた入学式を中止すると3月23日付で発表。また授業の開始は4月11日から5月2日に延期するとしている。

 法政大学でも、4月3日に日本武道館で予定していた入学式を中止すると3月26日付で発表。学部別の新入生オリエンテーションを4月4日より順次開催するとしている。

 立教大学は、4月4日と5日に予定していた入学式を中止すると3月30日付で発表。また前期授業開始日を5月6日に延期するとしている。

 その他、上智大学、青山学院大学、神奈川大学、駒澤大学、国士舘大学、神奈川大学などでも、現在までに入学式の中止を発表している。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)