リセマム6周年

ケント・ギルバート、英語のライブ授業でPhoneticsからレッスン

教育ICT インターネット

もし小学校教師がケント・ギルバートの英語発音をおぼえたら
  • もし小学校教師がケント・ギルバートの英語発音をおぼえたら
  • スティッカム
 ライブコミュニティ「スティッカム」を運営するE-Times Technologiesは3月30日、英語学習番組「もし小学校教師がケント・ギルバートの英語発音をおぼえたら」の配信を4月1日より開始すると発表した。

 スティッカムは2006年9月にオープンしたライブ配信サイト。誰でもWebカメラを使ってライブ映像の配信が可能になるほか、ビデオ会議やテレビ電話などの「プライベートライン」としても活用できると。また、配信されるライブ映像は登録なしで誰でも視聴可能となっている。

 「もし小学校教師がケント・ギルバートの英語発音をおぼえたら」は、アメリカ出身の外国人タレントであるケント・ギルバート氏による英語学習番組。英語発音に欠かせない「Phonetics」(フォネティックス)を中心に、音の仕組みとルールやパターンを解説していくという。ギルバート氏はこの授業を通じ、多くの日本人を「英語コンプレックス」から解放したいとしている。

 番組は4月1日、8日、15日、29日の計4回、21:00〜22:00に配信予定となっている。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)