リセマム6周年

能開センター、中2・3「公開実力テスト」のオンライン受験

教育ICT 学校・塾・予備校

公開実力テスト
  • 公開実力テスト
  • 公開実力テスト
 ワオ・コーポレーションは5月9日、同社が運営する学習塾・能開センターで4月に実施した中学2・3年生対象の「公開実力テスト」を自宅で受験できるオンライン学力テストを開始した。

 公開実力テストは、能開センターの開設以来30年以上にわたり毎年実施されており、年間のべ10万人が受験しているという。テストは最新の入試傾向や、豊富なデータの分析にもとづいて作成されており、受験者一人ひとりの実力判定と志望校判定が行えるとしている。

 オンライン学力テストは、テスト実施日に参加できなかった人に向けて、インターネット環境を使って自宅受験ができるようにしたシステム。4月29日に行われた公開実力テストの問題を自宅のプリンタで印刷し、問題を解いて採点した後、結果を専用サイトに登録することで、実力判定、志望校判定などの結果がすぐに表示されるという。

 また会場受験では中学3年生しかできなかった志望校判定が、オンライン学力テストでは中学1年生から利用でき、登録校を変更すれば何校でも志望校判定を行えるほか、合格圏内にある高校を検索することも可能となっている。

◆2011年度第1回 公開実力テスト
【中学2年生】
 科目:英・数・国
 価格:単科目500円、全教科セット1,400円
【中学3年生】
 科目:英・数・国・理・社
 価格:単科目500円、全教科セット2,200円
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)