リセマム6周年

【中学受験・進学塾の悩み解決:日能研関東】6年になり、塾で過ごす時間が一段と長くなって、家庭での復習が

教育・受験 学校・塾・予備校

中学受験・進学塾の悩み解決
  • 中学受験・進学塾の悩み解決
 「6年になり、塾で過ごす時間が一段と長くなって、家庭での復習が追いつきません。どうしたらいいでしょうか?」に回答します。

 1つは、タイムスケジュールの見直し、2つめは、学習内容の取捨選択となります。タイムスケジュールにおいては、同じ曜日の同じ時間は毎週同じ学習をしていることが理想です。思いつきで学習内容を決めていると、得意な単元と苦手な単元を作ってしまうことになります。

 また、早朝の時間の利用も有効です。計算練習や漢字練習を早朝に行うことで、夜の時間を有効に使うこともできます。

 学習内容の取捨選択については、たとえば、本科テキストと栄冠テキストで重なっている問題を両方とも解く必要があるのか、すでに覚えきっているメモリーチェックの学習を再度やる必要があるのか、一学期から始まる日曜特訓が本当に必要なのかなどを見直せる部分は多いと思います。
《中学受験 個別指導のSS-1 講師》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)