リセマム6周年

内閣府、「平成23年度版食育白書」を公表

生活・健康

第1部食育推進施策の現状と課題
  • 第1部食育推進施策の現状と課題
  • 第2部食育推進施策の具体的取組
 内閣府は5月27日、「平成23年度版食育白書(平成23年5月27日閣議決定)」をホームページに公開した。

 食育白書とは、食育基本法(平成17年法律第63号)第15条に規定する「食育の推進に関して講じた施策に関する報告書」であり、政府が毎年国会に提出しなければならないとされているもの。内閣府の食育推進ホームページにてPDF版が公開されている。

 第1部は、本年3月に新たに策定された、「第二次食育推進基本計画」の概要等を紹介している。同計画では、家族と一緒に食事をする「共食」などを重点課題としている。家族が食卓を囲んでともに食事をとりながらコミュニケーションを図ることは、食育の原点であり、子どもへの食育を推進していく大切な時間と場であることから、今後の食育推進施策の柱の1つとしていくこととしているという。

 また、第2部では、平成22年度の家庭、学校、保育所、地域における食育推進施策の状況について解説している。また、生産者と消費者との交流の促進、食品の安全性に関する情報提供の推進等、食育推進施策の重要なテーマや具体的な取組をコラム等で紹介している。

◆平成23年版「食育白書」
【目次】
[第1部]食育推進施策の現状と課題
 第1章 食育推進施策等の現状
 第2章 第2次食育推進基本計画の概要
[第2部]食育推進施策の具体的取組
 第1章 家庭における食育の推進
 第2章 学校、保育所等における食育の推進
 第3章 地域における食生活の改善等のための取組の推進
 第4章 生産者と消費者との交流の促進、環境と調和のとれた農林漁業の 活性化等
 第5章 食品の安全性に関する情報提供の推進
 第6章 調査、研究その他の施策の推進
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)