リセマム6周年

人間の動きを全方位再現、3D人体解剖サイトが無料一般公開

教育ICT インターネット

頭頂部の3Dビュー 頭頂部の3Dビュー
  • 頭頂部の3Dビュー 頭頂部の3Dビュー
  • 「チームラボボディ-TEAMLAB BODY」サイト(画像) 「チームラボボディ-TEAMLAB BODY」サイト(画像)
  • 筋肉・神経・血管・骨・関節の表示を切り替えることもできる 筋肉・神経・血管・骨・関節の表示を切り替えることもできる
 チームラボは14日、3D高精度モーショングラフィックにより「生きた人間の動き」を全方位再現した3D人体解剖サイト「TEAMLAB BODY(ベータ版)」を一般無料公開した。日英2言語に対応する。

 「TEAMLAB BODY(ベータ版)」は、高精度な筋肉・骨のビジュアルを3Dによりさまざまな角度から閲覧できるサイト。大阪大学運動器バイオマテリアル研究室の整形外科医師・菅本一臣教授の監修のもと、骨格・筋肉を中心とした人体解剖に関する情報を掲載したサイトとなっている。

 同研究チームは、整形外科疾患の治療過程で、生きた人間の関節の三次元的な動きを解析する手法を世界で初めて開発。その結果、人間が自分の意志で動かした関節の動きは、従来の医学教科書に記載されている献体を用いた動きとは異なることをあきらかにした。さらにこれに着目した同研究チームは、20~30名の協力者を募り、過去10年以上にわたって、生きている人間ですべての関節の形態や動きをCTやMRIで撮影し、解析を行ってきたという。

 「TEAMLAB BODY(ベータ版)」は、その抽出データを用いて、人体の全身の筋肉・神経・血管・骨・関節をビジュアル化し、他の類似サービスでは実現できなかった、精度の高い骨格の形態や動き、さらには筋肉の収縮なども3Dモーショングラフィックスで表現した。今回、立位静止状態の3Dビジュアルを全面公開するほか、骨のモーション・筋肉のモーション(一部)を公開した。今後は、アップデートを重ねながら、医療現場や医学生、商用・エンターテインメント分野などへの応用やデータのライセンス提供を視野に開発を続けるとのこと。サイトの閲覧にはFlash Player、Unity Web Playerの導入が必要となる。

3Dモーションによる人体解剖サイト「TEAMLAB BODY」が無料公開

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)