リセマム6周年

【EDIX】校内ネットワークの見える化&セキュリティ…PFUのIT機器管理

教育ICT 学校・塾・予備校

iNetSec Smart Finder
  • iNetSec Smart Finder
  • 大阪市教育委員センターの導入事例
 第2回 教育ITソリューションEXPO(EDIX エディックス)でPFUは、IT機器管理アプライアンス「iNetSec Smart Finder」を出店している。

 この製品は、2010年10月に販売開始されたもので、専用ソフトウェアをインストールすることなく、パソコン、プリンター、スマートフォンなどのネットワーク上のIT機器と、その稼働状況を一元管理するというもの。

 教育現場では、校内ネットワークの見える化やセキュリティ強化の目的で導入され、不正接続の防止や機器の検知・把握に活用されている。またこれに組み合わせることで、ポリシー徹底やユーザー認証も実現するPC検疫ソフトウェア「iNetSec Inspection Center」も紹介されている。

 会場では、「iNetSec Smart Finder」の旧来商品である「iNetSec Patrol Cube」の導入事例として、大阪市教育委員センターが紹介されている。同センターでは、学校ICT環境整備事業にともなうPCの急激な増加に対応するために同製品を導入。これにより、各学校に負荷をかけることなく、教育センターから小学校54校、中学校26校、高校1校の81校約5,000台の端末を一元管理しているという。また、持込みPCを遮断することで、個人情報漏えいのリスクを軽減しているそうだ。
《田村麻里子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)