リセマム6周年

【中学受験】四谷大塚、第2回合不合予備テスト偏差値一覧公開

教育・受験 受験

【男子】合不合判定予備テスト(第2回)80偏差値一覧
  • 【男子】合不合判定予備テスト(第2回)80偏差値一覧
  • 【女子】合不合判定予備テスト(第2回)80偏差値一覧
 四谷大塚は、ホームページの入試情報センターのページに、7月10日に実施した「第2回合不合予備テスト」における偏差値一覧を公開した。

 「合不合判定テスト」は、中学入試に向け毎年秋から小学6年生を対象に行われる公開模擬テスト。一部の難関校については実際の学校別の試験配点に換算した傾斜配点により、より正確な合否判定が可能なのが特徴だという。今回発表された偏差値は、秋からの合不合判定テストに先がけて行われる予備テストによるもの。最新の入試問題分析に基づいた出題により、志望校への距離と学習課題を明確にするのが目的だという。

 テストの結果をもとに公開された偏差値一覧には、「80偏差値一覧」と「50偏差値一覧」とがあり、それぞれ「合格可能性80%」と「合格可能性50%」のラインを偏差値に換算したもので、50%は第一志望校を、80%は併願校を選定する際の目安になるという。

 「80偏差値一覧」によれば、2月1日に集中する首都圏の難関中学の男子では、開成の72、麻布の67、駒場東邦の66、早稲田実業の65、慶應普通部と早稲田の64、武蔵と早大学院が63、海城と渋谷教育渋谷の62などが上位となっている。

 同じく女子の2月1日入試校では、桜蔭の71、女子学院と早稲田実業の69、雙葉の68、渋谷教育渋谷とフェリス女学院の66、洗足学園、横浜共立学園、横浜雙葉の61などが上位となっている。

 なお次回は、9月18日に今年度第1回の合不合判定テストが実施される予定となっている。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)