リセマム6周年

「第5回キッズデザイン賞」上位受賞29作品が決定

生活・健康 その他

キッズセーフティ部門経済産業大臣賞
  • キッズセーフティ部門経済産業大臣賞
  • ユニバーサルセーフティ部門経済産業大臣賞
  • フューチャーアクション部門経済産業大臣賞
  • フューチャープロダクツ部門経済産業大臣賞
  • ソーシャルキッズプロダクツ部門少子化対策担当大臣賞
  • キッズ・コンシューマーサポート部門消費者担当大臣賞(新設)
 キッズデザイン協議会は8月3日、子どもの安全・安心と健やかな成長発達に役立つデザインを顕彰する「第5回キッズデザイン賞」受賞作品の中から、上位賞受賞作品を決定したと発表した。

 「第5回キッズデザイン賞」の受賞作品は181点で、この中からより優れた作品として、「経済産業大臣賞」(4点)と「少子化対策担当大臣賞」(1点)、今年新設の「消費者担当大臣賞」(1点)、「優秀賞」(14点)、「審査委員長特別賞」(8点)、「TEPIA賞」(1点)を決定したという。

 最優秀賞にあたる「経済産業大臣賞」には、子どもたちの安全・安心に貢献するデザインとして、キッズセーフティ部門より、クレヨンがうまく握れない小さな子どもでも、握れるよう考え抜かれた独特の形状で、子どもの感性を育てる安全なクレヨン「ベビーコロール」(プリヴェAG/ブンチョウ)、ユニバーサルセーフティ部門より、子どもの力でも簡単に開けることのできるスイングオープン機能を持った横スライドの自動ドア「ブレイクアウトドアシステム(緊急時開放システム)」(日本自動ドア)が選ばれた。

 また、子どもたちの創造性と未来を拓くデザインとして、フューチャーアクション部門より、豊かな親子のコミュニケーションを発展させていく動物に扮した金管五重奏団によるコンサート「ズーラシアンブラス」(スーパーキッズ)、フューチャープロダクツ部門より、大人と子どもが鉄道を通じて豊かな時間を過ごすことを追求した車両デザインと駅の空間開発による「JR九州キッズプロジェクト/車両デザイン・空間デザイン」(九州旅客鉄道)が選ばれている。

 同じく最優秀賞にあたる「少子化対策担当大臣賞」には、子どもたちを産み育てやすいデザインとして、ソーシャルキッズプロダクツ部門より、歯科医院に託児所を併設しママたちの新たなコミュニティーを生み出した「みどりの丘歯科医院&こどもの部屋ぶどうの木」(アトリエサンカクスケール)が受賞した。

 また、今年新たな最優秀賞として設けられた「消費者担当大臣賞」には、自立した消費者を育てるデザインとして、キッズ・コンシューマーサポート部門より、中学生からの企業・職場体験を提供をする「業界初中学生のデザイン・インターンシップ〜企業の現場/職場体験を通じ「職業観の再構築」を図る〜」(富士通)が受賞した。

 このほか「優秀賞」「審査委員長特別賞」「TEPIA賞」を23作品が受賞している。




 
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)