リセマム6周年

お盆がピーク、「ペルセウス座流星群」の観測チャンスエリア

教育ICT インターネット

ベルセウス座流星群は毎年お盆の頃にピークを迎える
  • ベルセウス座流星群は毎年お盆の頃にピークを迎える
  • 24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」は、12日夜より全国7ヵ所からベルセウス流星群の様子を中継
 ウェザーニューズは5日、12日夜~13日早朝にピークを迎える「ベルセウス座流星群」の観測チャンスがあると見込まれるエリアを発表した。

 ベルセウス座流星群は毎年お盆の頃にピークを迎え、比較的明るい流星が多いことから観測しやすいことで知られている。ピーク時には西日本や東日本の広いエリアで観測できる見込みだという。一方で北日本や九州エリアは曇りや雨の所があるが、九州や北海道・東北北部では、雲の隙間から観測できる可能性があるという。しかし東北南部での観測は難しい見込みだ。

 観測に関する最新情報は、「ウェザーニュース」で確認できるほか、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」でも見ることができる。

 さらに24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、12日夜より全国7ヵ所からベルセウス流星群の様子を中継する。
《編集部@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)