リセマム6周年

ソフトバンク、「網走監獄」でスマホ大規模実験

教育ICT インターネット

博物館「網走監獄」でスマートフォン連携の大規模な実証実験
  • 博物館「網走監獄」でスマートフォン連携の大規模な実証実験
  • 屋内測位方式IMES(Indoor Messaging System)
 ソフトバンクモバイルは13日、北海道を含む産学官、JR北海道らと協力し、位置情報を活用した大規模な実証実験を行うと発表した。

 実証実験が行われるのは、明治期の監獄施設の全容がそのままの姿で残っており、東京ドーム3.5個分の広さの博物館「網走監獄」。博物館では、体験・学習が可能な各種展示が行われている。

 実証実験の参加者は、建物の位置情報を測位衛星である準天頂衛星「みちびき」の信号により受信。また屋内展示物の位置情報を「地上補完信号送信機」が発する信号により受信することで、施設や展示と自らの位置関係を把握する。GPS衛星の測位精度は一般に10m以上の誤差があるが、「みちびき」を活用することにより1m前後の誤差での測位が可能となる。また、ソフトバンクモバイルが提供する周辺情報配信サービス「ふらっと案内」のスタンプラリー機能を活用しながら、参加者に次に向かうべき施設のヒントを与え、自ら「探し」、「発見」しながら各建物や屋内展示物に誘導。施設に関する詳細な解説を同一アプリケーション上で提供し、監獄や北海道の歴史をより効果的に楽しく学ぶことを目指す。

 実証実験は10月14日から10月17日に行われる予定。

博物館「網走監獄」でスマートフォン連携の大規模な実証実験

《編集部@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)