リセマム6周年

LGから、実売13万円の裸眼3D対応の20型液晶ディスプレイ

デジタル生活 パソコン

「D2000N-PN」
  • 「D2000N-PN」
  • 裸眼での3D視聴を可能とする視差バリア方式のイメージ
  • 視聴者の頭を検出して裸眼3D視聴を最適化する「ヘッドトラッキングカメラ」のイメージ
 LGエレクトロニクス・ジャパンは、3D液晶「CINEMA 3D」の新製品として、裸眼3D対応の20型液晶ディスプレイ「D2000N-PN」を発表した。販売開始は10月上旬。価格はオープンで、予想実売価格は130,000円前後。

 これまでの「CINEMA 3D」の3D方式は、偏光方式により専用3Dグラスをかけることで立体視を可能としていたが、今回発表の「D2000N-PN」は「CINEMA 3D」初として、専用3Dグラスをかけることなく立体視できる裸眼3Dモデルとなる。

 「D2000N-PN」での3D方式は視差バリア方式を採用。右眼と左眼が見る映像の間に生じる視差を利用し、液晶フィルターが視差バリアとなり、映像が視差バリアを通過する際に右眼用の映像が右眼に、左眼用の映像が左眼にそれぞれ届くようにする。視差バリアは3Dモード時のみで機能するため、2Dモードに切り替えることで通常の2D映像の視聴も可能となっている。

 また、ディスプレイの上部に「ヘッドトラッキングカメラ」を搭載しており、視聴者の顔の位置をリアルタイムで追跡し、視聴者の視聴角度(上30度/下10度/左右25度)や視聴距離を自動で計算。視差バリアで分離される右眼用と左眼用の映像をリアルタイムでコントロールし、視聴の顔が動いても常に裸眼3D視聴を最適化する。

 さらに、暗くなりがちな3D映像を最適化する「3Dカラーエフェクト」機能を搭載。ただし、裸眼3D機能を利用する際は事前に付属ソフトの「TriDef」をインストールして3D変換する必要がある。また、「TriDef」はBlu-rayソフトには非対応で、HDMI接続で3D対応のAV機器やゲーム機などの3Dコンテンツを利用することもできない。

 おもな仕様として、解像度は1,600×900ピクセル、バックライトはLED、視野角は3D時が上下40度/左右50度で2D時が上下160度/左右170度、輝度は250cd/m2、コントラスト比はDFC作動時が500万:1で同非作動時が1,000:1、応答速度はGTGで5ms、インターフェースはHDMI/DVI-D/ミニD-sub15ピンなど、チルトは上15度/下5度、本体サイズは幅475.8×高さ367.5×奥行き166.4mm、重さは3.6kg。

LG、裸眼3D対応の20型液晶ディスプレイ……実売13万前後

《加藤@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)