リセマム6周年

慶應大学とミクシィ、学生向け新サービスに向け共同プロジェクト

教育ICT 学校・塾・予備校

慶應義塾大学とミクシィが産学共同プロジェクトスタート
  • 慶應義塾大学とミクシィが産学共同プロジェクトスタート
 慶應義塾大学は9月22日、同大学院メディアデザイン研究科(KMD)とミクシィが、産学協同で行っている大学生向けの新しいコミュニケーションサービスの開発プロジェクトについて発表した。

 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科は、2008年4月に開設された大学院。デザイン、テクノロジ、マネジメント、ポリシーの4つの力(創造性)を調和・統合し、新しい知や表現の創造活動を実践し、その成果の価値化をプロデュースし、世界の産業界およびわが国の将来に貢献できる創造リーダーである「メディア・イノベータ」を育成している。

 同プロジェクトは、国内最大手のソーシャル・ネットワーキングサービス(SNS)「mixi」のプラットフォームを活用し、大学生を対象とした新規のコミュニケーションサービスの開発・実証実験を行うことを目的としている。また、同プロジェクトには慶應義塾大学、ミクシィに加え、「みんなでケンテイ(´∀`)」や「DecoPIC」等のソーシャルアプリケーションの開発を手がけるコミュニティファクトリーが参画するという。

 なお、同サービスは現在開発段階に入っており、年内にリリースされる予定。
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)