リセマム6周年

京都大学、高校生向け実験教室「ザ・リアル研究!まずは観察から」11/5、6

教育・受験 学校・塾・予備校

iCeMS/CiRAクラスルーム2011:ザ・リアル研究!まずは観察から
  • iCeMS/CiRAクラスルーム2011:ザ・リアル研究!まずは観察から
  • iCeMS/CiRAクラスルーム2011:ザ・リアル研究!まずは観察から
 京都大学では、高校生向け実験教室「iCeMS/CiRAクラスルーム2011:ザ・リアル研究!まずは観察から」を11月5日と6日に開催する。

 同実験教室は、iCeMS(物質-細胞統合システム拠点)やCiRA(iPS細胞研究所)で日々研究に取り組んでいる若手研究者が講師となり、教科書に載っている科学の知識のみならず、研究者が行っている研究過程などを高校生に伝えることを目的とした実験実習プログラム。2009年に第1回を開催し、今年で3回目となる。

 午前のプログラムでは、ある科学現象をじっくりと「観察」し、観察結果を「言葉」や「音」で説明するプロセスを通じて、科学現象をさまざまな角度から観察する術を学ぶ。

 また、午後のプログラムでは、iPS細胞やiPS細胞からつくられた肝臓の細胞を観察し、与えられた課題に対して仮説設定、観察、発表を行うなど、1日を通して「観察」を徹底的に体験することができる。

 対象は高校生で、全国から広く募集しており、参加申込みはホームページから受付けている。

◆iCeMS/CiRAクラスルーム2011:ザ・リアル研究!まずは観察から
日時:11月5日(土)、6日(日)9:00~17:30
場所:京都大学 iCeMS本館 2階 展示室、CiRA 1階 講堂
対象:高校生
募集人数:各日30人
参加費:1,000円(昼食代、教材費)
応募締切:10月23日(日)
講師:
・馬籠信之氏 iCeMS助教(コンスタンティン・アグラゼグループ)
・菱田真史氏 iCeMS研究員(田中耕一郎グループ)
・小高真希氏 CiRA研究員(長船健二研究室)
・安田勝太郎氏 医学研究科 博士過程(長船健二研究室)
・北野諒氏 京都造形芸術大学研究員
・中山陽介氏 京都造形芸術大学学部生
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)