リセマム6周年

小中学生対象「第10回全国こども科学映像祭」の作品募集

教育・受験 その他

第10回全国こども科学映像祭
  • 第10回全国こども科学映像祭
 日本視聴覚教育協会では、「第10回全国こども科学映像祭」の作品募集を開始している。

 同コンクールは、子どもたち自身が作った映像作品を募集するもので、子どもたちの科学への関心を喚起し、カメラの目を通して科学の楽しさを理解させ、子どもたちの“科学する心”を育むことを目的としている。

 小学生部門では、児童が父母などの保護者や友人と一緒に制作した作品、中学生部門では、生徒が個人またはグループで制作した作品を募集する。

 作品テーマは科学全般で、特定の分野にこだわらず、自然、環境等の理科教育に関するもののほか、安全、防災、考古学、民俗学等の人文科学的な内容に関する映像も可能となっている。

 作品はDVD-Video、Mini-DV、Blu-ray、ビデオテープのいずれかで、上映時間は3分以上10分以内。応募は1制作者1作品。チラシ・応募票はホームページよりダウンロードすることができる。

 なお、入選作品は、同映像祭の表彰式・上映会での上映、全国の科学館等での上映のほか、成果集に収録して無償配布される。また、映像ライブラリーでの公開、関係機関のホームページ上でストリーミング配信される。

 同協会では、このほか学校教職員等を対象に、教育の現場で活用している自作視聴覚教材も募集している。

◆全国こども科学映像祭
小学生部門:小学生が父母、祖父母などの保護者または教師と一緒に制作した作品
中学生部門:中学生が個人またはグループで製作した作品(教師の指導可)
応募締切:平成24年1月11日(必着)
入選発表:平成24年1月中旬
表彰式:平成24年2月11日(土)
  日本化学未来館 みらいCANホール
応募作品の送り先:
  〒105-0001東京都港区虎ノ門1-19-5 虎ノ門一丁目森ビルB1
  (財)日本視聴覚教育協会内 「第10回全国こども科学映像祭」運営委員会事務局
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)