リセマム6周年

千葉工大と富士通、理工系専門の演習環境をクラウドで構築

教育ICT ソフト・アプリ

仮想デスクトップ環境イメージ
  • 仮想デスクトップ環境イメージ
  • 芝園キャンパスの風景
 千葉工業大学は31日、富士通と共同で、幕張新都心に隣接する芝園キャンパスにおいて、クラウドを活用した仮想デスクトップ環境を構築したことを発表した。学生はCADやデザイン系アプリを使い、いつでもどこでも自由に学習・開発演習することが可能。

 千葉の芝園キャンパスと群馬の富士通データセンター(距離およそ100km)を結び、トータルに支援。アプリケーション導入およびバージョンアップなどの一括作業ができるだけでなく、仮想PC方式により、学生一人1人にPC環境を整えることができるため、将来的には自宅からも利用が可能になるという。

 本環境には、富士通のクラウド上で提供する仮想デスクトップサービス(DaaS)「ワークプレイス-LCM」を利用しており、大学では初の事例となっている。千葉工業大学では、エレクトロニクス・メカトロニクス統合設計技術などを習得する高度な授業での活用も視野に入れ、富士通が提供予定の次世代ものづくり環境「エンジニアリングクラウド」を試験導入し、実証授業なども行う予定。

 今後は芝園キャンパス全体のクラウド化構想や津田沼キャンパスへの展開などICTインフラ基盤をさらに強化していく。

千葉工大、TPOフリーな理工系専門の演習環境をクラウドで構築

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)