教育ICT用語

【YouTubeえいご 1】英語のつづりと発音の関係を学べる「KidsTV123」

教育ICT ソフト・アプリ

Phonics Song 2
  • Phonics Song 2
  • The Animal Sounds Song
  • The Measurements Song
  • KidsTV123トップページ
 平成23年度より小学校の新学習指導要領が全面実施され、小学5、6年生で週1回の「外国語活動」が必修化された。教育課程特例校制度により、低学年から外国語活動(英語)を行っている学校もある。学校での英語の授業にスムーズに入れるよう、早い時期から英語に触れさせたいと思っている家庭も多いのではないだろうか。

 そこで、YouTubeで人気の子ども向け英語チャンネルを5回にわたって紹介する。第1回は、世界で80万人以上がチャンネル登録をしている「KidsTV123」。アルファベットや数字などについて、楽しい音楽やアニメーションにあわせて学べる。

 どの動画も数百万回再生されており、中には19億回以上再生されたものもある。どれも3分以内で見られる短いものばかり。9月30日現在、142本掲載されており、すべて無料で視聴できる。

 チャンネルトップページには、おすすめの動画や最近アップデートされた動画、人気の動画が掲載されている。「動画」カテゴリーをクリックすると、番組内のコンテンツを人気の動画(人気順)や追加日(古い順・新しい順)で並べ替えることができる。

 人気順に並べてみると、1番人気は「Phonics Song 2」。AからZまでのそれぞれのアルファベットが頭文字となる単語とその絵を見ながら、ネイティブの発音が聞ける。目と耳で英単語と発音を身につけられる。

 Phonics(フォニックス)とは、英語のつづりと発音の関係を学び、英語の正しい読み方を習得する方法の1つ。規則を覚えれば、知らない単語でもだいたい発音できるようになる。

 アルファベットや数以外にも、動物の鳴き声を歌にした「The Animal Sounds Song」や、さまざまな単位を紹介する「The Measurements Song」などもあり、たくさんの英語圏の表現に触れることができる。

 チャンネルが気に入ったら、「チャンネル登録」ボタンを押せば、次から簡単にアクセスすることができる(YouTubeのユーザー登録が必要)。また、自動再生機能を使えば、チャンネル内の動画を1本ずつ自動再生してくれる。語学は聞き慣れるのが大事といわれるので、日頃から英語チャンネルを流しておくとよいかもしれない。

《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック