リセマム6周年

文部科学省、放射性物質テルルと銀の土壌濃度マップを公開

デジタル生活 行政

テルル129mの土壌濃度マップ
  • テルル129mの土壌濃度マップ
  • 銀110mの土壌濃度マップ
 文部科学省は10月31日、「放射線量等分布マップ(テルル129m、銀110mの土壌濃度マップ)」を公開した。

 文部科学省は、地表面に沈着した放射性物質による住民の健康および環境への影響を将来にわたり継続的に確認するため、梅雨が本格化し、土壌の表面状態が変化する前の時点において、東京電力福島第一原子力発電所から概ね100km圏内の約2,200箇所で、空間線量率を測定するとともに、各箇所5地点程度で表層5cmの土壌を採取し、土壌についてゲルマニウム半導体検出器を用いて核種分析を実施。

 ヨウ素131、放射性セシウムの分析の過程において、同じくガンマ線放出核種であるテルル129m、および銀110mが比較的、広範囲に検出されていることが確認されたことから、これらの核種の拡散状況の確認のため、全ての土壌試料について再度、分析を実施した。土壌採取日は第1期が6月6日〜14日、第2期が6月27日〜7月8日。土壌の核種分析には、全国21の研究機関のゲルマニウム半導体検出器が用いられた。

 同調査でテルル129m、および銀110mの沈着量の最高値が検出された箇所において、仮に、50年間滞在した場合に生じる、土壌からの再浮遊に由来する吸入被ばく、および土壌からの外部被ばくに基づく線量の積算値(50年間積算実効線量)について、IAEAが提案している緊急事態時の被ばく評価方法に基づき計算したところ、同調査においてセシウム134や137の沈着量の最高値が検出された場所における50年間積算実効線量と比べて、非常に小さいことが確認されたという。
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)