リセマム6周年

DiTT、企業・学校と協働で13テーマの実証研究を開始

教育ICT その他

DiTTが企業、学校と協働で実証研究を開始
  • DiTTが企業、学校と協働で実証研究を開始
  • DiTT 2011年度WG実証研究一覧
 デジタル教科書教材協議会(DiTT)は11月11日、全国の小・中学校などにおいて会員企業および学校関係者との協働による実証研究を行うと発表した。

 同協議会では、文部科学省および総務省の政策である「学校教育の情報化」に賛同し「全ての小中学校生がデジタル教科書・教材を持つ環境を整える」目標を推進すべく、13の異なるテーマを設定、全国13の小学校・中学校等で会員企業および学校関係者との協働による実証研究を行うという。

 実証テーマは、デジタルコンテンツ・ソフトの開発、タブレットPCの利用や、問題解決能力を養う授業あるいは個性に応じた適切な学び方(アクセシビリティ)の検討など、昨年度会員各社の参加により取りまとめた「DiTT第一次提言書」(2011年4月公表)に基づいたものとなっている。

 なお、実証研究の経過に関しては、逐次ホームページ上にリリースしていく予定。また、同研究の結果についても、本年度のDiTT活動報告書(仮題)に反映し、公表する予定だという。実証研究はそれぞれ、2011年10月より順次スタートしている。
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)