リセマム6周年

学校向け動画サービス「YouTube for Schools」を発表

教育ICT インターネット

YouTube for Schools
  • YouTube for Schools
 米国YouTubeは12月11日、学校向けの動画サービス「YouTube for Schools」について発表した。

 現在、多くの学校ではYouTubeへのアクセスを制限している。視聴を許可している学校でも、生徒が音楽ビデオや不適切な動画を観ることを問題視しているという。しかし、映像や音は授業においても生徒を活気づけるものであり、同社では学校におけるYouTubeの取り入れ方の問題に対し、学校用のYouTube「YouTube for Schools」を開発したという。

 YouTube for Schoolsは、教師たちの協力により、数学、科学、社会、美術などの科目別に300以上のプレイリストが用意されている。このほかにもYouTube EDU、スミソニアン博物館、TEDなど、600を超えるパートナーによる動画も同サービスで視聴できる。

 利用については、学校管理者がYouTube for Schoolsに登録することで、教育や授業にふさわしい内容のものに限定して学習教材として利用することができるという。また、各学校は利用するコンテンツをカスタマイズすることができ、プレイリストとしてそこに含まれる動画だけにアクセスすることが可能となるという。
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)