教育ICT用語

文溪堂、小学生向け漢字筆順学習アプリを公開

教育ICT ソフト・アプリ

アイコン
  • アイコン
  • スクリーンショット
  • スクリーンショット
  • スクリーンショット
  • スクリーンショット
 学習教材出版社の大手文溪堂は、iPad用の漢字筆順学習アプリ「そらがき」を公開している。iPadの画面を指やスタイラスペンでなぞることで、漢字の筆順と字形を学習することができる。

 アプリシリーズに収録されているのは、小学生で学習する1,006漢字すべて。漢字の筆順動画や字形の成り立ちなどの情報、合格した漢字には花マークが付くなど、新しく出会う漢字を楽しみながら覚えることができるという。

 同アプリを活用した漢字学習方法は3段階に分けられている。ステップ1では、なぞり用の手本文字に筆順を表示し、ガイドにそって書いていくもの。ステップ2では、手本文字のみを表示し、ステップ1で覚えた筆順で書いていく。ステップ3では、手本文字の表示がなく、方眼のみの画面に覚えた筆順、字形を書いていく。

 「そらがき」は、筆順や字形のみならず「とめ」「はね」「はらい」を細かく認識、判定することが可能で、書いた漢字を一画一画記憶しどこで間違えたかを判定できる。3つのステップすべてに合格することで花マークが付き、子どもが達成感を味わえるという。

 現在公開されているアプリは、小学校1年生から6年生までの学年別もので各500円(1年生版は350円)と、各学年より5文字を搭載した無料体験版が用意されている。また、6年生までの6学年すべての漢字が1つのアプリになっているパック版も現在審査中、2,500円で近日公開予定だという。

◆漢字筆順学習アプリ「そらがき」
条件:iPad 互換iOS 4.3 以降
SoragakiFree - BUNKEIDO CO.,LTD.
《湯浅大資》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)