教育ICT用語

アマゾンが教科書のレンタルサービスを開始

教育ICT 学校・塾・予備校

アマゾン、図書コード(ISBN)教科書の検索が可能
  • アマゾン、図書コード(ISBN)教科書の検索が可能
  • 新品、中古、レンタル、電子と教科書対象の4つのサービス
 アマゾンは、米大学生を対象とした1学期間の教科書レンタルサービスを8月に開始した。書店での購入価格と比較すると教科書代を最大7割節約できるほか、使用後アマゾンに無料で返却できることが特徴だ。

 アマゾンはこれまでも、電子書籍リーダーKindleを活用したレンタルサービスを行っており、最短30日から最長360日まで、レンタル希望日数に応じた価格で教科書の貸し出しを実施してきた。

 今回発表されたレンタルサービスは、電子書籍ではなく紙の教科書。レンタル対象となっている教科書であれば、大学の授業に必要な1学期間借り続けることが可能だという。また、アマゾンの学生会員(Amazon Student)になると、2日以内に購入商品が手元に届く送料サービスが6か月間無料になる。学生会員以外でも、利用額が25ドル以上の場合は送料無料。新学期の始まる9月に合わせた新サービスだ。

 アマゾンの教科書部門を担当するリプリー・マクドナルド氏は、同レンタルサービスを、学生とってメリットとなる新たな選択肢と位置づけする。新しい教科書、中古、レンタル、電子書籍と、4つの選択肢を学生に提案しており、学生は好みや予算によって選択できる。

 また、学期中にレンタル中の教科書を購入するオプションや、レンタルの15日間延長オプションなど、プランも柔軟だ。同サービスは、現在米国のみの対応となっており、日本を含めた海外へのサービス拡大は未定。米国での事業拡大が軌道に乗れば、同サービスの日本上陸もそう遠い未来ではないかもしれない。
《湯浅大資》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック