1. トップ>
  2. 趣味・娯楽>
  3. その他
星に名前を、NASAが世界の学生を対象に命名コンテストを実施

星に名前を、NASAが世界の学生を対象に命名コンテストを実施

2012年9月5日(水) 12時01分
オシリス・レックス探査機の画像

オシリス・レックス探査機

オシリス・レックス探査機の画像

オシリス・レックス探査機

サンプルのイメージの画像

サンプルのイメージ

NASAの画像

NASA

 アメリカ航空宇宙局(NASA)は9月4日、2016年に打ち上げが予定されている宇宙探査機OSIRIS-REx(オシリス・レックス)が持ち帰る小惑星のサンプルに名前をつけるための学生コンテストを実施すると発表。

 オシリス・レックスは、NASAとアリゾナ大学が共同開発している宇宙探査機。小惑星の表面サンプルを地球に持ち帰ることを目的としており、2016年9月の打ち上げ後、2023年に地球に帰還する予定だという。

 今回のコンテストは、オシリス・レックスが地球に持ち帰るサンプルに名前をつけるためのコンテスト。全世界の18歳未満の学生が対象となっており、1人につき1つ名前を提出することができる。期限は2012年12月2日、名前は16文字以内に収める必要がある。

 地球に持ち帰るサンプルは、現在「1999 RQ36」と仮名がつけられているが、アリゾナ大学のダンテ・ラウレッタ博士は「1999 RQ36より呼びやすい名前を期待している」とコメント。サンプルは、今後の世代が宇宙を研究する題材になると話すオシリス・レックスのプロジェクト科学者ジェイソン・ドウォーキン氏は、名前をつけた本人が近い未来に研究することになるかもしれないと期待する。

 コンテストの参加は、Webサイト上の申込書にて受け付けている。また、申込書は、学生本人ではなく保護者または先生が記入し、提出するよう呼びかけている。
《湯浅大資》

編集部のおすすめニュース

JAXA、能代ロケット実験場を特別公開…9/8-9

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、9月8日と9日に秋田県で行われる「銀河フェスティバル in 能代」の一環として、能代ロケット実験場を特別公開する。入場は無料。

星出宇宙飛行士、主要任務を完了できないトラブル

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、8月30日夜から31日明け方(日本時間)に星出宇宙飛行士とNASA・ウィリアムズ宇宙飛行士が実施した船外活動の結果を発表。主要任務だった電力切替装置(MBSU)の交換が取り付けボル…

火星探査機が走行開始、移動システムも正常に作動

 NASAは22日、火星探査機キュリオシティが走行を開始したと発表した。同時に、着陸地点をSF小説家のレイ・ブラッドベリにちなんで「ブラッドベリ着地点」と命名したと発表した。

情報オリンピック、小中学生のコンピュータ科学コンテストを開催

 情報オリンピック日本委員会は、欧州を中心に普及が進んでいるコンピュータ科学に関する小中学生向けのコンテスト「Bebras(ビーバーコンテスト)2012」を11月に実施する。

子どもの才能を開拓する大学主催のコンテスト、小中高生の作品募集中

 各大学では、若い才能を発掘し、創造力や表現力を育むために、小中高生を対象としたさまざまなコンテストを開催している。これらは大学の知名度アップを図る狙いもあるが、子どもの興味を深め、学ぶことの楽しみ…

火星探査機キュリオシティ、着陸までをアニメで解説

 8月5日(米西海岸時間)にNASAの探査機キュリオシティが火星に着陸した。衛星軌道宇宙船からカプセルが切り離され、キュリオシティが着地するまでをグラフィカルに解説した動画を、NASAがネット上に公開している。

関連トピックス

RSS

PR

特集・連載