教育ICT用語

6割以上の小学生「和式トイレで困ったことがある」小林製薬が実態調査

生活・健康 その他

「小学校のトイレでうんちをしますか?」
  • 「小学校のトイレでうんちをしますか?」
  • 「小学校でうんちを我慢したことがありますか?」
  • トイレ洋式とトレーニング経験
  • 和式トイレで困った経験
 小林製薬は、「2012年小学生のトイレ習慣実態調査」の結果を発表した。学校の和式トイレで困ったことがある子どもは6割以上、うんちを我慢したことがある子どもは約半数を占め、家庭と学校のトイレ環境のギャップに戸惑う小学生が少なくない実態がわかった。

 調査は6月21日、インターネットを通じて全国の小学生412人に実施した(保護者と一緒に回答)。

 「小学校のトイレでうんちをするか」という問いには、男子31.1%、女子27.2%が「まったくしない」と回答。「小学校でうんちを我慢したことがあるか」には、46.1%が「ある」と答えた。その理由には、「恥ずかしい」(53.7%)と周囲の目を気にする回答が最多だったほか、「和式トイレが苦手」(35.3%)、「トイレがくさい」(27.9%)、「トイレが汚い」(24.7%)、「便器が汚い」(14.7%)と、トイレ環境に関するものも多く見られた。

 トイレの様式は、家庭の98.1%が「洋式のみ」であるのに対して、小学校では「和式のみ」11.2%、「和式+洋式」81.6%と、9割以上の小学校が和式トイレを設置し、和式が主流だった。一方、保護者にトイレトレーニング経験についてたずねたところ、「ない」という回答は、洋式26.2%、和式50.5%。家庭とのトイレ様式の違いや経験の少なさから、「和式トイレで困った経験がある」とした子どもも61.9%に上り、自由回答では「またげない」「しゃがめない」「ズボンをうまくおろせない」などの声が寄せられた。

 このような状況から同社では、学校のトイレ環境の改善を目指し、2010年から「小学校のトイレぴかぴか計画」をスタート。小学校のトイレ改修、洋式トイレの寄贈、トイレ出前授業などに取り組んでいる。
《奥山直美》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら