教育ICT用語

教える人と学びたい人をソーシャルでつなぐ「みんナレ」、パブリックβのサービス開始

教育ICT インターネット

みんナレ
  • みんナレ
  • みんナレ、画面イメージ
  • みんナレ、画面イメージ
 NTTラーニングシステムズが運営するラーニングプラットフォーム「マナビノ」は、ソーシャルで学ぶためのコミュニティ機能を追加。学びたい人と教える人をつなぐ「みんなのナレッジ」のパブリックβを12月17日より提供している。

 「みんなのナレッジ(通称:みんナレ)」は、個の力・個のつながりを活用して学習していくサービス。講師はサークルを開設し、関心のあるユーザーは受講者としてサークルに参加する。自学自習型のeラーニングシステムに加え、講師とユーザーやユーザー同士のコミュニケーションにより、深く、価値のある知育習得を実現するという。

 講師として参加するユーザーは、みんナレ上の「サークル」にて動画教材とコミュニティ機能を受講者に提供することが可能で、サークルを有料にすることもできる。受講者は、サークルに参加し、提供された教材で学習しながら講師や受講者同士のコミュニケーションによりスキルアプを図ることが可能だという。

 みんナレのサークルでは、生活に役立つ知識から、趣味、スポーツ、語学といったさまざまなジャンルを幅広く扱うという。サービス開始時は、ゴルフ、フラワーアレンジメント、オーラルケア、ヨガの4ジャンルが提供されている。

 なお、みんナレの利用にはマナビノへの無料会員登録が必要。有料サークルの参加は、クレジットカードまたは各携帯電話キャリアの決済サービスを利用することができる。

 また、今回開始されるサービスは、パブリックβ版。ソーシャル機能を先行的に提供したうえで、サークルやジャンルを拡充していくという。機能面では、投稿、動画ライブ配信、物販など、学びを共有するための学習機能、学習サポート機能の追加を検討していくという。
《湯浅大資》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら