教育ICT用語

インフルエンザ、学校欠席者が前週の25倍に急増

生活・健康 健康

インフルエンザ様疾患発生報告(学校欠席者数)
  • インフルエンザ様疾患発生報告(学校欠席者数)
  • インフルエンザ様疾患発生報告(第20報)(表の一部を掲載)
  • 厚生労働省:インフルエンザ対策
 国立感染症研究所は1月25日、平成25年1月14日~1月20日のインフルエンザ様疾患発生報告(学校欠席者数)を発表した。前週(平成25年1月7日~1月13日)から欠席者は約25倍に急増している。

 前週との比較で見ていくと、学級閉鎖学校数は65校から約23倍の1,508校に増加。もっとも多いのが茨城県の213校で、東京都の113校が続く。欠席者数は20,661名で、前週の825名より25倍増加。また、休校数は2校から44校に増加。山形県だけで4校が休校しており、ほかに、福島県、埼玉県、神奈川県、長野県、大阪府、島根県、山口県、福岡県、佐賀県で複数の学校が休校した。

 同期間、全国の医療機関をこの1週間に受診した患者数の推計は約140万人にのぼっており、うちもっとも多いのが5~9歳の約20万人(14.3%)、30代約19万人(13.6%)がこれに続き、0~4歳、10~14歳、20代、40代がそれぞれ約16万人(11.4%)となっている。

 この情報は、保育所、幼稚園、小学校、中学校、高等学校において休校、学年閉鎖、学級閉鎖があった場合に、その施設数を計上するとともに、当該措置を取る直前の学校、学年、学級における在籍者数、患者数、欠席者数を計上するもの。基本的に毎週金曜日に、前週の日曜日から月曜日のデータを集計して掲載している。

 例年のこととはいえ、受験生を悩ますインフルエンザの流行。特に受験生とその家族は、万全の対策で受験に臨んでいただきたい。厚生労働省はWebサイトにて、インフルエンザ対策情報を提供している。
《田村麻里子》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら