教育ICT用語

【EDIX2013】実証実験予定のA4サイズデジタルペーパー端末を展示…ソニー

教育ICT モバイル

デジタルペーパー端末
  • デジタルペーパー端末
  • デジタルペーパー端末
  • ソニーブース
  • 教育現場での応用例
 5月13日に学習効果と生産性の向上を図るデジタルペーパー端末の開発と実証実験の実施を発表したソニーは、EDIXに端末を出展し来場者の注目を集めている。「見やすい」「書きやすい」「軽い」といったデジタルペーパーの特長を生かした端末となっている。

 単焦点プロジェクター、タブレット端末、関連ソフトなど、多くを展示するソニービジネスソリューションとソニーマーケティングの共同ブースで際立ったのがデジタルペーパー端末だ。電子書籍リーダーとしてデジタルペーパーの評価は高いようだが、今回ソニーが展示したのはA4サイズ相当と大きめの端末。

 大きさはA4サイズに相当する13.3型で厚さ6.8ミリ、薄く軽いボディが特長だ。A4サイズ相当にしたのは、紙文書と同じ文字サイズやレイアウトで読むことを可能にするためで、附属ペンで文書への書き込みやハイライトなどを行うこともできる。

 ファイル形式はPDFに対応しており、WiFiまたはマイクロSDカードを通じてデータの取り込みや保存などができるという。また、一度の充電で最長3週間の使用が可能で、デジタルペーパーの低消費電力を生かした端末となっている。

 2013年度後期からは、早稲田大学、立命館大学、法政大学の3大学で、同端末を使った教材や書類などの「紙のデジタル化」に伴う実証実験を行うという。端末の商品化は2013年度内を予定している。
《湯浅大資》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック