教育ICT用語

さわってうごくデジタル教材「AQUAアクア」、直観的に中学数学を学習

教育ICT 学校・塾・予備校

デジタル教材「AQUAアクア」
  • デジタル教材「AQUAアクア」
  • デジタル教材「AQUAアクア」
  • デジタル教材「AQUAアクア」
  • デジタル教材「AQUAアクア」
 eラーニング教材制作のエレファンキューブは、学習塾向けのデジタル教材「AQUAアクア」の体験版を公開した。

 「AQUAアクア」は、タブレットPCでの使用を想定したデジタル教材。「さわってうごくまったく新しい教材」をコンセプトに「公式へのあてはめ」や「単純な答え探し」ではない、講師や生徒自身が画面を操作しながら考え進める教材という。

 数学の学力向上に不可欠な「基礎的内容」を深く、直観的に理解できるよう構成されており、近年の学習指導要領改定で重視されている「思考力」「表現力」を育てるのに適しているという。

 「AQUAアクア」は現在、中学校の数学範囲から8本をリリース。8月までにさらに55本をリリースする予定だ。価格は初回登録費用2万1,000円(1教室1回限り)、月額利用料金が1ライセンス(1名の講師が利用可)6,300円。なお、6月末まではキャンペーン価格として、初回登録料無料、月額利用料金(1ライセンス・登録後12か月)2,520円で提供する。

 今回、中学数学の中で、生徒たちが特にイメージしづらく、苦手意識をもちやすい「空間図形」の範囲から「直線と平面」「投影図」の2教材を公開。直観的な操作と正確な3D描画で「さわってうごく」教材を体験することができる。
《水野こずえ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら