教育ICT用語

赤ちゃん名づけランキング、2013年上半期トップは「結愛(ゆあ)」

生活・健康 その他

赤ちゃん名づけランキング
  • 赤ちゃん名づけランキング
  • 「赤ちゃん名づけ」アプリ
 スマートフォン向けアプリ「赤ちゃん名づけ」を提供するリクルーティング スタジオは9月6日、2013年度上半期「名前ベスト100」を発表した。

 ランキングは、月間17万人以上が利用している「赤ちゃん名づけ」アプリから、2013年上半期にアクセス数の多かった名前を集計したもの。なお、昨年ベスト3だった「羽奏(わかな)」「葵(あおい)」「千尋(ちひろ)」は殿堂入りとし、対象外となっている。

 ランキングによると、第1位「結愛(ゆあ)」、2位「楓(かえで)」、3位「凛(りん)」となった。第8位の「昊空(そら)」はタレント杉浦太陽さん・辻希美さんが第3子へ命名したことによりアクセス数が上昇し今回ランクイン。「誠(まこと)」「恵(めぐみ)」「香織(かおり)」など、キラキラネームという言葉も流行している中、意外にもオーソドックスな名前も数多くランクインしている。

 名前に付けられる漢字はその時代の社会に欠乏したものが多く使われる傾向があるという。今回「結」「愛」「陽」「翔」など、つながりや温かさ、希望を表す漢字が数多くランクインしていることから、今後の明るい未来への願いが込められているようだ。
《水野こずえ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)