教育ICT用語

小中学生向け「キッズ・プログラミング教室」開講、iPhone用アプリを開発

教育ICT ソフト・アプリ

キッズ・プログラミング教室の様子
  • キッズ・プログラミング教室の様子
  • キッズ・プログラミング教室の様子
  • カウンターアプリの制作
  • 開発画面
 スマートフォンアプリ制作会社のコレスタは、MYビジネスパートナーズ、リアルディアとともに「キッズ・プログラミング教室」を開講した。

 キッズ・プログラミング教室は、小学生、中学生のためのプログラミング教室。講師からプログラミングの基礎を学び、オリジナルのiPhone/iPad用アプリの開発を目指す。

 日本人にとって、言語がプログラミングを学習する際のハードルになることが多々あるという。同教室では、英語がハードルにならないよう「楽しく」をテーマに、小学生が楽しめるよう工夫をこらしたカリキュラムを提供する。

 授業は週1回90分。受講生の学習スピードに応じて、柔軟に不明点や疑問点を解説しながら進める少人数制のセミプライベート形式を採用し、初めてプログラミングに触れる子どもや、途中から参加する子どもにも安心して受講できる講座になっている。

◆キッズ・プログラミング教室
日時:毎週土曜日 16:30~18:00(90分)
会場:リアルディア 広尾オフィス(東京都渋谷区)
推奨学年:小学3年生~中学3年生
受講料:1万6,000円/月
※月途中での入会の場合は割引
※受講にはアップルのPCが必要
《水野こずえ》

編集部おすすめの記事

特集

page top