リセマム6周年

大学ブランド力ランキング2013-2014 首都圏Top20、東大早慶は不動のTop3

教育・受験 学校・塾・予備校

大学ブランド力ランキングTOP20(首都圏編・有職者ベース)
  • 大学ブランド力ランキングTOP20(首都圏編・有職者ベース)
  • 各ブランド・イメージ項目で第1位になった大学(首都圏編)
  • ノミネート大学(首都圏編)
 日経BPコンサルティングは11月22日、「大学ブランド・イメージ調査2013-2014」を発表した。首都圏編のトップ3には、第1位「東京大学」、第2位「早稲田大学」、第3位「慶應義塾大学」がランクインした。トップ5は昨年と同じだった。

 7年目となる今年の調査は、全国の468大学を9地域に分け、それぞれの地域に住む有職者や、中学生以上の子どもがいる父母、教育関連従事者にインターネットで回答を依頼。「地域産業への貢献度」や「研究施設の充実度」、また学生の「語学力」や「コミュニケーション能力の高さ」など大学や在学生へのブランド・イメージ49項目を測定し、それらをまとめた大学ブランド力(偏差値)を算出してランキング化した。首都圏編の有効回答数は有職者7,819件。調査期間は2013年8月1日~9月1日。

 首都圏の主要大学120校における「大学ブランド力」は、第1位「東京大学」87.7ポイント、第2位「早稲田大学」84.0ポイント、第3位「慶應義塾大学」83.3ポイント、第4位「上智大学」70.6ポイント、第5位「一橋大学」69.5ポイントとなった。お茶の水女子大学と明治大学が1つ順位を上げるなど、順位に多少入れ替わりがあるものの、トップ10の顔ぶれは昨年と同じだった。東京電機大学は昨年より9つ順位を上げ、20位となった。

 各ブランド・イメージ項目で第1位になった大学をみると、「いま注目されている、旬である」大学として、明治大学がランクイン。明治大学は、「親しみが持てる」「広報活動に力を入れている」の各項目でも第1位を獲得した。

 また、国際性を測る「グローバル/国際交流が活発」「留学生の受け入れが活発である」「語学に長けている」の3項目ではいずれも、上智大学、東京外国語大学、国際基督教大学の3校がトップ3となった。

◆大学ブランド力ランキングTOP20(首都圏編・有職者ベース)
第1位(1):東京大学 87.7ポイント
第2位(2):早稲田大学 84.0ポイント
第3位(3):慶應義塾大学 83.3ポイント
第4位(4):上智大学 70.6ポイント
第5位(5):一橋大学 69.5ポイント
第6位(7):お茶の水女子大学 68.9ポイント
第7位(8):明治大学 68.0ポイント
第8位(6):東京工業大学 67.2ポイント
第9位(10):青山学院大学 66.6ポイント
第10位(9):東京外国語大学 64.5ポイント
第11位(13):学習院大学 64.3ポイント
第12位(11):国際基督教大学 64.2ポイント
第13位(13):横浜国立大学 64.1ポイント
第14位(15):東京理科大学 62.8ポイント
第15位(12):立教大学 61.7ポイント
第16位(19):法政大学 61.1ポイント
第17位(16):津田塾大学 59.8ポイント
第18位(18):日本大学 59.3ポイント
第19位(17):中央大学 59.2ポイント
第20位(29):東京電機大学 56.5ポイント
※()は昨年の順位
《工藤めぐみ》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)