教育ICT用語

日本初上陸の体感型知育ロボット「Romo(ロモ)」、予約受付開始

教育ICT その他

Romo(ロモ)
  • Romo(ロモ)
  • Romo(ロモ)
  • Romo(ロモ)
  • Romo(ロモ)公式サイト
  • Romo(ロモ)にできるこんなこと
  • Romo(ロモ)
 セールス・オンデマンドは、iPhone 4、第4世代iPod touch以降のデバイスに対応したロモティブ社のエデュケーショナルロボット「Romo(ロモ)」の販売受付を開始した。販売は7月24日、本体価格は1万4,500円。

 Romoは、iPhoneやiPod touchとつなげることで駆動する体感型の知育ロボット。簡単な操作で子どもにも動かすことができるため、親子で遊びながらプログラミングの仕組みを視覚的に学習することができるという。

 まず、専用の無料アプリケーションをダウンロードすると、アプリケーションがロボットの脳の役割を果して、iPhoneやiPod touchの画面に表情を映し出す。さらに接続すればRomo本体を動かすことができる。Romoは、さまざまな出来事に対して喜怒哀楽を表現したり、頭を上下に傾けて視点角度を変えたり、キャタピラで前後左右に移動できるほか、人の顔や色のついたボールを認識して追いかけたり、線の上をたどることもできるという。

 さらに、ミッションを通じてトレーニングすれば対象物追跡や顔認識、進路認識などの能力と機能が拡大する。アプリケーションを充実させたり、開発キットでカスタマイズすれば、遊びや学びの幅がさらに広がる。

 また、アプリケーション「ロモコントロール」により、個体ごとに割り当てられた番号を用い、Wi-Fi経由で別端末を使用して遠隔操作や双方向のビデオ通話が可能だという。

◆Romo(ロモ)
品名:ROMO 3B・ROMO 3L
対応機種:iPhone 4/4S、iPod touch第4世代、iPhone 5/5S/5C、iPod touch第5世代
電源方式:USB充電、ニッケル水素電池
製品寸法:幅114mm×高76mm×奥行142mm
製品重量:454g
本体価格:14,500円
発売日:7月24日(木)
《水野こずえ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック